【78点】マブラヴ(Muv-Luv):ゲームレビュー・評価・感想・あらすじ

【78点】PCゲーム「マブラヴ」レビュー(評価・感想・あらすじ)




(C)âge

タイトル マブラヴ(Muv-Luv)
みんなの評価
4
4.0 rating
★50%
★4100%
★30%
★20%
★10%
みんなのレビュー
4.0 rating

主題歌いいですよね

評価する

PCゲーム「マブラヴ」レビュー・評価

評価 78点
シナリオ ★★★★☆
音楽 ★★★★☆
作画 ★★☆☆☆
演出 ★★★☆☆
システム ★★★☆☆
やりこみ ★★★☆☆

マブラヴシリーズすべての原点。âge(アージュ)制作の伝説的ゲーム。

神作とされている「マブラヴ オルタネイティヴ」の前作なので、オルタをやるなら是非やっておきたい作品です。

ただ日常パートは苦手な人にはかなりきついかもしれない。ただ普通の学園ラブコメで、絵もかなり古風で人を選ぶものなので、万人が楽しんでプレイできるものでもない。結構長いし。

本番は、「エクストラ編」が終わった後の「アンリミテッド編」。

ここから人類の生き残りをかけたサバイバルが始まります。

といってもアンリミテッド編では、BETA(敵のエイリアン)との戦闘はほぼ無し。訓練などがメインになります。

それでも完成度は高いので面白くプレイできるかと思います。オルタやるなら、一週目にあたるアンリミテッドはプレイしておきたいところ。

あらすじ

EXTRA編
白陵大付属柊学園3年生の「白銀武」は、幼馴染の「鑑純夏」や親友の「鎧衣尊人」たちとふざけ合いながらも普通の生活を送っていた。そんなある日の朝、目が覚めた武の隣には少女が寝ていた。そしてその少女「御剣冥夜」はそのまま住み着いてしまう。

UNLIMITED編
「白銀武」は冥夜や純夏、クラスメイト達と共に、仲良く、普通ではないが平凡な生活を送っていた。ある朝目が覚めると、時刻は8時を過ぎていた。遅刻だと思った武は慌てて外へ飛び出すが、目の前には朽ち果てた町並みが広がっていた。そして純夏の家を押し潰すように倒れている人型ロボット。武は夢だと思い込み、「白陵大付属柊学園」へ向かうが、そこは「国連軍横浜基地」になっていた。ますます夢だと思った武だったが、不審者として捕まった後、ようやく夢でないと感じ始めた。

香月夕呼によって留置場から出ることができた武は、この世界が地球外起源種「BETA」と戦争中であることを夕呼から聞く。そして、「白銀武」はこの世界に「存在していない」ことを聞かされるが、武はその事実を受け入れる事は出来なかった。

しかし明日を生きるため、香月夕呼の言葉を受け入れ、やむを得ず訓練兵としての生活を始める武。そこには「元の世界」にいたクラスメイト、「御剣冥夜」、「榊千鶴」、「彩峰慧」、「珠瀬壬姫」が居た。当然、冥夜達は武のことを知らず、武は戦時下の軍国主義社会の価値観や覚悟の違いに当惑しながらも、いつか「元の世界」に戻れることを信じて、冥夜達と日々訓練に励む。

<wikipediaより>

続編のオルタネイティヴと合わせるとかなり長い作品ですが、かなりの力を持った神作なのでぜひやってみる価値はあるかと思います。

マブラヴオルタネイティヴ

【98点】マブラヴオルタネイティヴ:ゲームレビュー・評価・感想

2019年9月30日