【95点】TRUE REMEMBRANCE:フリーゲームレビュー・評価・感想・あらすじ

TRUE REMEMBRANCE




(C)Shiba Satomi

タイトル TRUE REMEMBRANCE
みんなの評価
5
5.0 rating
★5100%
★40%
★30%
★20%
★10%
みんなのレビュー
5.0 rating

雰囲気が好きです

5.0 rating

ノベルゲーム好きなら是非。

評価する

フリーゲーム「TRUE REMEMBRANCE」レビュー・評価

評価 95点
シナリオ ★★★★★
音楽 ★★★★★
作画 ★★★★☆
演出 ★★★★★
システム ★★★★☆
やりこみ ★★★☆☆

DLはこちら→TRUE REMEMBRANCE公式サイト

TRUE REMEMBRANCEプレイ後の感想

TRUE REMEMBRANCEは、2006年公開。里見しばさん制作の分岐無しサウンドノベルです。

プレイ時間は2時間程ですが、優しくほっこりしたストーリーです。無料なのにOP有り、イベント絵ありでクオリティがすごい。

ちりばめられた伏線や結末の爽快感がとても良い、手本のようなノベルゲームだと思います。

2012年2月22日にはニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『TRUE REMEMBRANCE 〜記憶のかけら〜』が発売されましたが、絵柄なども違うためやはりPC版の原作をやるのをお勧めします。

実況プレイも人気の作品ですので、ニコニコ動画で実況動画を探してみるのもおすすめです。

あらすじ

キャラクター
(C)Shiba Satomi

忘れたいほど悲しい記憶を持った人々が訪れる、白い街。
その街で記憶を封じる職業、『封士』を生業にする青年、黒目。
黒目のもとに客としてラという少女が訪れる。

彼らの日常と、街を訪れる人々との出会い、そして小さな秘密をつづった物語。

<TRUE REMEMBRANCE公式サイトより引用>