【96点】メダロット3:ゲームレビュー・評価・感想・ストーリー|名作GBCソフト

メダロット3




©ナツメ,イマジニア  画像:amazon.co.jpより

タイトル メダロット3
みんなの評価
5
5.0 rating
★5100%
★40%
★30%
★20%
★10%
みんなのレビュー
5.0 rating

なつかしい

評価する

ゲーム「メダロット3」詳細レビュー

評価 96点
シナリオ ★★★★★
音楽 ★★★★★
作画 ★★★★☆
演出 ★★★★☆
システム ★★★★☆
やりこみ ★★★★☆

2000年発売のゲームボーイカラーソフト「メダロット3」。

メダロットシリーズの第3作目であり、メダロット2から始まったイッキ編の第2章に当たります。ただしメダロット2をやってなくても大して問題はありません。

舞台は地底都市や海底都市、天空都市やさらには宇宙にまで広がります。

それぞれのマップでしっかりとしたストーリーが用意されていて、環境問題なども取り入れています。ただメインは何と言っても、主人公イッキと、パートナーのメダロットとの友情でしょう。

音楽などの雰囲気もかなり良く、ゲームボーイの良さがふんだんに発揮されている一作です。

ストーリー

主人公の天領イッキはメダロットが大好きな小学生。あるとき、メダロッチのデータが消えてしまう怪奇現象が発生。残ったのはパートナーであるメダロット一体のみ。そんな中、開催されるメダロット大会。イッキは仲間のアリカ・コウジ・カリンと力を合わせながら、各地で開かれる試合に勝ち進んでいきます。

同時に各地で起こる怪奇現象。その犯人はロボロボ団⋯と思いきや、その裏にいたのは「スピリット」と呼ばれる謎の存在だった。スピリットとはいったい何なのか、メダロットのメダルに隠された秘密、そして夢で出会った少年スバルの正体は⋯?