【98点】プラネテス/ΠΛΑΝΗΤΕΣ:漫画レビュー・評価・感想

プラネテス




©幸村誠/講談社

タイトル プラネテス(ΠΛΑΝΗΤΕΣ , PLANETES)
みんなの評価
5
5.0 rating
★5100%
★40%
★30%
★20%
★10%
みんなのレビュー
5.0 rating

おもしろい

評価する

プラネテス(漫画)の詳細レビュー

総合評価 98点
ストーリー ★★★★★
キャラ/世界観 ★★★★★
作画 ★★★★☆

作者は幸村誠さん。他にもヴィンランド・サガという漫画を描いていることでも有名です。

プラネテスは、宇宙で働く宇宙ゴミ回収業者(通称デブリ屋)をテーマにした作品。

全4巻という短さでありながら、壮大かつ綿密な心理描写で人気を博しています。

主人公の努力、悩みと葛藤、そして再起する姿にきっと胸を打たれるはずです。

哲学的な要素の多い作品で、少ない巻数の割にぎゅっと詰まった内容に、ずっと手元に置いておきたくなる作品です。