漫画レビュー

漫画「アイアムアヒーロー」:レビュー・評価・感想

アイアムアヒーロー

(C)花沢健吾/ダークホースコミックス・小学館

タイトル アイアムアヒーロー
みんなの評価
3
3.0 rating

★50%
★40%
★3100%
★20%
★10%

みんなのレビュー
3.0 rating

序盤は主人公のだらけた日常です。そこに突如人類がゾンビ化したゾキュンが現れ、物語が始まります。
この漫画の面白いところは、大きく2点あります。
①主人公の性格
王道マンガに出てくるような正義感あふれる主人公とは違い、自分の命を守るためにヒロインを見捨てようとするなどかなり人間くさい性格をしています。これによって、たまにでる主人公の正義感、後半になるにつれ成長する主人公の性格がとてもカッコよく見えます。
②アクションシーンの迫力
キャラクターや設定はゾキュンが出てくる所以外はかなり現実に近い設定で描かれているのにも関わらず、身近にある物を武器にして戦ったり、自転車で逃げたりするアクションシーンは迫力ありものすごくハラハラします。
物語のラストがかなり大雑把に終わってしまったので、後味の良い作品とは言えませんが、是非一度読んでみてください!

評価する







アイアムアヒーロー:漫画レビュー・評価

総合評価 52点
ストーリー ★★☆☆☆
キャラ/世界観 ★★★☆☆
作画 ★★★★☆

ゾンビサバイバル漫画です。

冴えない主人公が趣味の射撃を生かし、ライフルを片手に人々がゾンビ化した世界を生き抜いていきます。

かなり画力も高く、緊迫したシーンなどは非常にハラハラします。

ただしラストが賛否両論。

※ここからネタバレ↓

ストーリーが難解な部分も多く、なぜ人々がゾンビ化したかなど色々と謎なまま終わってしまいます。

ヒロインの扱いも少々ひどいような気も⋯。

風呂敷を広げたものの、包み切ることなく終了した感が否めないのが大きなマイナス点。

人を選ぶ作品かもしれませんね。序盤、中盤などシーンによって面白さがかなり変わります。