【80点】天元突破グレンラガン:アニメレビュー・評価

【80点】天元突破グレンラガン:アニメレビュー・評価




(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

タイトル 天元突破グレンラガン
みんなの評価
0
0.0 rating
★50%
★40%
★30%
★20%
★10%
みんなのレビュー

評価する

「天元突破グレンラガン」アニメレビュー・評価

評価 80点
ストーリー ★★★☆☆
音楽 ★★★★☆
作画 ★★★★☆
演出 ★★★★☆

2007年制作、とにかく熱いアニメとして有名です。

OP「空色デイズ」はしょこたんが担当しており、ドリルでのロボアクションが有名ですね。

ストーリー:★★★☆☆(17点)

面白いところは非常に面白く、バトルの中で登場人物が活躍したり、戦いの中で散っていったりするシーンは見ものです。

魅力的なキャラがそれぞれに思いを持っているのが非常によく描かれていますね。1話だけのキャラかと思ったら意外と活躍したりします。

ただラストは賛否両論分かれるところです。ちょっと強引感があったというか、キャラの死を出し過ぎた感じがあった気がします。

音楽:★★★★☆(22点)

OPが熱くていいですね。空色デイズは名曲としても名高いです。

EDもかっこよくも良い雰囲気の曲が多く、良かったかと思います。

作画・演出:★★★★☆(41点)

作画も動きがしっかりあって悪くないかと思います。

最後のバトルも迫力があって引き込まれました。

ヒロインの良さも引き立ってましたね。

天元突破グレンラガンのあらすじ

遥かな未来。人々は地中に穴を掘って家を造り家畜を飼い、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息を潜めるように暮らしてきた。そんな村の一つ・ジーハ。村を広げるための穴掘りをしていた少年・シモンは、ある日、掘り進んだ先で偶然、不思議に光る小さなドリルを見つける。そして、シモンの兄貴分である青年・カミナ。彼は、村の上には「地上」があることを信じ、グレン団というチンピラグループを率いて天井を突き破って外へ出ようと目論んでいた。そんなある日、地震と共に村の天井が崩れ巨大なロボットが落ちてくる!カミナは確信する「やっぱり地上はあった!」そして、無謀にも村で暴れるロボットに立ち向かおうとする。その時、更に地上から何かがやって来た。それは、巨大なライフルを持った少女・ヨーコだった。彼女は、ロボットを地上から追って来たのだ。しかし、ライフルの威力では、倒すどころか足止めをするのが精一杯。そんなピンチの中、シモンは、以前、地中から掘り出したモノをカミナとヨーコに見せる。それは、顔だけの謎のロボットだった…。

<dアニメストアより引用>

まとめ

グレンラガンはかなり熱いアニメとして有名です。

ロボバトルなど好きな方はぜひ一度視聴してみてはいかがでしょうか。

2020年2月現在においてはdアニメストアにて配信されています。